SP忠男 | オートバイ・バイク・二輪車 オリジナルマフラー公式オンラインストア

SP忠男ダイレクトストア|HOME SP忠男公式ダイレクトストア|忠男のマフラーとは? SP忠男公式ダイレクトストア|インプレッション SP忠男公式ダイレクトストア|よくある質問 SP忠男公式ダイレクトストア|体験試乗会 SP忠男公式ダイレクトストア SP忠男公式ダイレクトストア|直販特典 SP忠男公式ダイレクトストア|お問合せ  
マフラーカテゴリー
ヤマハマフラー
ホンダマフラー
スズキマフラー
カワサキマフラー
外車輸入車オリジナルマフラー
忠男のマフラーについて












マフラー開発奮闘記


■ エリミネーター400 (サイレンサー)
■ 2024〜MT-09
■ 2024〜YZF-R15
■ 2024〜Z650RS POWERBOX FULL
■ ADV160
■ 2022〜YZF-R25 パイプ
■ 2023〜 CRF250L パイプ(トレッキングタイプ)
■ エリミネーター

人気ランキング


2023- CRF250L(8BK-MD47)
POWERBOXパイプ


2位
2023- CT125 ハンターカブ
PURESPORT カーボン


3位
2023- CRF250RALLY
POWERBOXパイプ


4位
-2022 GB350
POWERBOX PIPE ブラックエディション


5位
SV650ABS/X ABS
POWERBOX パイプ


マフラーお手入れグッズ
マフラーのお手入れ
ホロクリン・ジェル SP
Hole-Zero SP
SP忠男直営ストア特典
全国どこでも出張取付!
試乗体験実施中!
かんたん決済
クレジットカード対応!

10,000円以上のお買上げで送料無料
ログイン

会員ID

Password



2023〜 YZF-R125(8BJ-RE45J)POWERBOX FULL ※只今ご注文が集中しております。お届けにしばらく日数をいただく場合がございます。

YAMAHA / 2023~YZF-R125(8BJ-RE45J)POWERBOX FULL
低速から高速まで全ての回転域を使いこなせる
125ccという排気量だからこそSP忠男は開発に燃えた
YAMAHA / 2023~YZF-R125(8BJ-RE45J)POWERBOX FULL
圧倒的に気持ちイー走りを引き出すために
ループエキゾーストパイプと POWERBOX(排気膨張室)を
コスト度外視で注ぎ込んだ
YAMAHA / 2023~YZF-R125(8BJ-RE45J)POWERBOX FULL
ここがSP忠男の腕の見せどころ
かなり苦労はしたものの 2023~YZF-R125の底力
みごとなトルク&パワーを引き出すことができた
YAMAHA / 2023~YZF-R125(8BJ-RE45J)POWERBOX FULL
その走りの逞しさはまさに150ccいや180ccにも迫る雄大な走り 快感の一言
YAMAHA / 2023~YZF-R125(8BJ-RE45J)POWERBOX FULL
1速 高いギアを選択しても余裕で右手のひねりにエンジンがついてくる
マフラーだけでここまでのトルクを上げるのは至難のわざ
YAMAHA / 2023~YZF-R125(8BJ-RE45J)POWERBOX FULL
サウンドは心地よくそこそこジェントルに抑えたレーシングサウンド
YAMAHA / 2023~YZF-R125(8BJ-RE45J)POWERBOX FULL
心地よいトルクから引き出される加速感は
このループエキゾーストパイプによるところが大きい
YAMAHA / 2023~YZF-R125(8BJ-RE45J)POWERBOX FULL
SP忠男が2023~YZF-R125のために開発をした
究極のカスタムマフラーPOWERBOXFULLの誕生です



YAMAHA / 2023~YZF-R125(8BJ-RE45J)POWERBOX FULL


適合車種
2023~YZF-R125(8BJ-RE45J)
製品
POWERBOX FULL
価格
¥99,900(税別) ¥109,890(税込)
JANコード
4571117960359
商品コード
YZ1-PB-01
政府認証
1024021266
音量
89dB(近接)78dB(加速)
素材
超軽量ステンレス ポリッシュ仕上げ
オイル系
ドレンボルト◯ オイルフィルター◯

MADE IN JAPAN
*この製品は公道走行可能です(適合車種へ装着の場合に限ります)
     

取付動画

 

取付説明書




 

開発奮闘記 2023~YZF-R125編

2023~YZF-R125編 序章


★2023~YZF-R125 がやってきた★

我が社に 2023~YZF-R125 がやってきた!

デカっ!

SP忠男開発チーム
 

2023~YZF-R125編 其の壱


★どんなことが、出来るんだろう・・・・★

このカウル、このマフラースペースで、
どんなことが、出来るんだろう・・・・
そんなことをワクワクしながら、考えている今日この頃です。

SP忠男開発チーム

2023~YZF-R125編 其の弐


★叩き台となるマフラーを完成させよう★

『気持ちイー!』トルクライン。
『気持ちイー!』走りを引き出すために 
以前のYZF-125用のデータを引っ張り出して、
ベストなパッケージを求めて、
まずは叩き台となるマフラーを完成させよう。

SP忠男開発チーム

2023~YZF-R125編 其の参


★膨張室を設けることにした★

一旦、性能を出そうとシンプルな
メガホンタイプのストレート管を試作してみたけど、
音量が全然規制値に収まらないんだ。
それで改めてエンジン下に消音とトルク特性の
二つの効果を考えて膨張室を設けることにした。
これで一段と細かいチューニングが、出来るようになる。

SP忠男開発チーム

2023~YZF-R125編 其の四


★ギアが綺麗に繋がらない★

エンジン下に設けた膨張室のお陰で、音量を抑えることが出来た。
少しパカパカ言うけど、独特のサウンドは悪くない。
試作で薄い板厚の素材を使ってるから、
厚みを上げることで、パカパカ音は消えると思う。
しかし・・・・
性能が全然。
全長が短すぎてトルクが全く出ない。
ギアチェンジのたびに回転が落ち込んで、
ギアが綺麗に繋がらない。これではダメだ。

SP忠男開発チーム

2023~YZF-R125編 其の伍


★マフラーの全長を思いっきり伸ばしてみた★

前回まではマフラーの全長が短すぎて、
ギアチェンジのたびに回転の落ち込みが大きく、
気持ちよく加速が繋がらなかった。
色々試行錯誤した結果、シンプルにマフラーの全長を長くすることにした。

とはいえ、そのまま全長を長くしたのでは、
マフラーエンドの位置が、うんと後ろに行ってしまい、
せっかくのルックスが台無しになる。
なので、SP忠男の得意技エキゾーストパイプをループさせて
全長を稼ぎ出しサイレンサーエンドの位置を変えることなく、
マフラーの全長を思いっきり伸ばしてみた。
さあ、その結果はいかに?

SP忠男開発チーム

2023~YZF-R125編 其の六




★これだと製品化した時に思いっきり高額になってしまう★

エキゾーストパイプの長さはトルク特性に大きく影響を及ぼしてくれたね!
すごくいい、かなり広い回転域に逞しいトルクが引き出された。

走行フィーリングは、まるで排気量を180ccくらいに
アップしたような逞しさが出てきた。
これは楽しい。
あともう少し高速域での回転が伸びていく感覚がほしいな。

それともう一つ、
エンジン下のボックスがオイルドレンボルトを外せるようにするために
とっても複雑な形状になってしまったんだ。
これだと製品化した時に思いっきり高額になってしまう。
ここもどうにかしなければいけないな・・・。

SP忠男開発チーム

2023~YZF-R125編 其の七



★8000rpmまでに達するアプローチ速度を短縮させる★

まずは、BOXの構造をシンプルにそして小さい円筒形に変更してみた。
なかなか、音量が厳しかったけど、試行錯誤しているうちに
性能を落とさずになんとか音量を抑えることが出来た。音質もいけてる。

さあ次は、改めて高回転域の伸びが止まってしまった性能の仕切り直しだ。
現状の途中経過を踏まえて、まずはスタンダードにもう一度、
理想の特性をイメージしてみよう。

まず、改めてスタンダードの車両に乗ってみた。
感じることは、このYZF-R125が本領を発揮するのは8000rpm付近から、
レッドゾーンにかけての澱みなく伸びていく高回転域のパワー。
しかし、ストリートで3速や4速を使って走っていると
ここまでの回転域に持っていくのに時間がかかって気持ちが冷めてしまうんだ・・・

ということは、まずこの8000rpmからレッドゾーンまでの出力を
可能な限り引き出すことが大事。
その上で、3速や4速で4000rpm?7000rpm付近ののトルクを向上させて、
8000rpmまでに達するアプローチ速度を短縮させる。

これがもしうまくいけば、普段から3速や4速でストレスなく8000rpmを超えて、
レッドゾーンへと気持ちよく回転を持っていけると思うんだ。
もしそんなことができたらこのマシンめっちゃ楽しくなるぞ。 
できるかな?できたらいいな。

今現状は、4000~6000rpmの間のトルクが引き出せているけど
高回転域が極端に遅くなっているから、もっさりとして全然気持ちが悪いんだ。
もう一度エキゾーストパイプの長さを短くして、
高回転域のパワー、回転の伸びを引き出してみるか。

SP忠男開発チーム

2023~YZF-R125編 其の八


★高回転域の出力ダウンと同時に伸びが更に悪くなった★

通常、マフラー開発のセオリーは、
高回転型にする時は、太く短く。
低回転域でトルク型にしたい時は細く長く。
これが、基本なんだ。

しかし、このYZF-R125は違かった。
太く短くしたエキゾーストパイプが引き出したものは、
高回転域の出力ダウンと同時に伸びが更に悪くなった。
ダメだこりゃ。
せっかく1日がかりで、太く短いエキゾーストパイプを作ったのに・・・。

SP忠男開発チーム

2023~YZF-R125編 其の玖




★4000rpmから7000rpmまでのトルクラインを綺麗に引き出した★

エキゾーストパイプの長さ太さ出来ることはすべてやった。
更に円筒形に設計変更した。
メインBOXの内部構造も徹底的にいじってみた。

4000rpm付近から右肩上がりに湧き上がるトルクライン、 
目標通り4000rpmから7000rpmまでのトルクラインを綺麗に引き出した。
そして2023~YZF-R125の真髄8000rpmへとつながることが出来た。
さあ、その走りはいかに?

SP忠男開発チーム

2023~YZF-R125編 其の拾



★イマイチふんづまり感があって気持ち良くない★

う〜ん残念。
9000rpmから上のパワーフィーリングが
イマイチふんづまり感があって気持ち良くない
さあ。もう一歩。もう一歩だ。

SP忠男開発チーム

2023~YZF-R125編 其の拾壱




★中回転域から高回転域への特性を徹底的にこだわってみた★

結局、メインパイプを一から全て見直し、
中回転域から高回転域への特性を徹底的にこだわってみた。
シャーシダイナモ上のラインはかなり期待できる。
実走行のフィーリングが楽しみだね。

SP忠男開発チーム

2023~YZF-R125編 其の拾弐




★もうすでに125ccの域を大きく超えてるね。★

気持ちイー!
最高!
この走りの質感。
もうすでに125ccの域を大きく超えてるね。

150cc並の余裕あるトルク&パワー
すべての回転域で質感を感じる、すごくいい。

通常の走行で車の後を追従しても、 
スタンダードのように大きくアクセルを捻って、
速度を修正しなくてもほんのわずか
右手に力を入れるだけでスーと追従してくれるこの感覚

コーナーからの立ち上がりも1速高めで、
心地良く豪快に加速をしてくれる逞しいトルク。
サウンドも上質だ。 
全てが爽快、全てが快感。 気持ちイー!
気に入ったね!

この走りの気持ち良さが絶対に
2023~YZF-R125オーナーには、一度でいいから体験してほしいな。

試乗はSP忠男浅草店で電話一本03-3845-2009で予約できます。
それ以外は各地で行われるライドオンキャンペーン快感体感試乗会で体験できます。
絶対乗ってみてね。

SP忠男開発チーム



   


お問合わせはお気軽にどうぞ 03-3845-2010
お問合わせはお気軽にどうぞ 03-3845-2010

 

※ この製品は公道走行可能です。(適用車種への装着の場合に限ります。)
※ ご注文のタイミングによりバックオーダーとなる場合がございますので予めご了承下さい。
※ お急ぎのお客様は事前にお電話にて在庫状況をご確認頂ければより確実です。

購入はこちらから!
 

2023〜 YZF-R125(8BJ-RE45J)POWERBOX FULL ※只今ご注文が集中しております。お届けにしばらく日数をいただく場合がございます。


拡大画像

2023〜 YZF-R125(8BJ-RE45J)POWERBOX FULL ※只今ご注文が集中しております。お届けにしばらく日数をいただく場合がございます。
商品コード : YZ1-PB-01

1万円以上お買い上げの場合送料無料!
販売価格【ウェブ価格】 :¥ (税込)
数量

商品についての問い合わせ



レビューお待ちしています!

SP忠男ではライダーの方へ『気持ちィー!』を届けるため、日々開発とテストを繰り返しています。
今後の開発・改善へ向けて、このマフラーに変えられた感想、使い心地を是非教えてください!

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く

入力された顧客評価がありません。


 
その他のラインナップはこちら