SP忠男 | オートバイ・バイク・二輪車 オリジナルマフラー公式オンラインストア

SP忠男ダイレクトストア|HOME SP忠男公式ダイレクトストア|忠男のマフラーとは? SP忠男公式ダイレクトストア|インプレッション SP忠男公式ダイレクトストア|よくある質問 SP忠男公式ダイレクトストア|体験試乗会 SP忠男公式ダイレクトストア SP忠男公式ダイレクトストア|直販特典 SP忠男公式ダイレクトストア|お問合せ  
マフラーカテゴリー
ヤマハマフラー
ホンダマフラー
スズキマフラー
カワサキマフラー
外車輸入車オリジナルマフラー
忠男のマフラーについて












マフラー開発奮闘記


■ エリミネーター400 (サイレンサー)
■ 2024〜MT-09
■ 2024〜YZF-R15
■ 2024〜Z650RS POWERBOX FULL
■ ADV160
■ 2022〜YZF-R25 パイプ
■ 2023〜 CRF250L パイプ(トレッキングタイプ)
■ エリミネーター

人気ランキング


2023- CRF250L(8BK-MD47)
POWERBOXパイプ


2位
2023- CT125 ハンターカブ
PURESPORT カーボン


3位
2023- CRF250RALLY
POWERBOXパイプ


4位
-2022 GB350
POWERBOX PIPE ブラックエディション


5位
SV650ABS/X ABS
POWERBOX パイプ


マフラーお手入れグッズ
マフラーのお手入れ
ホロクリン・ジェル SP
Hole-Zero SP
SP忠男直営ストア特典
全国どこでも出張取付!
試乗体験実施中!
かんたん決済
クレジットカード対応!

10,000円以上のお買上げで送料無料
ログイン

会員ID

Password



YZF-R7(8BL-RM39J)POWERBOX FULL RS

YAMAHA YZF-R7(8BL-RM39J)POWERBOX FULL RS
一速ごとに使えるトルクバンドを広く設定しました
YAMAHA YZF-R7(8BL-RM39J)POWERBOX FULL RS
ゆとりの走りでワインディングを楽しめるトルク特性です
YAMAHA YZF-R7(8BL-RM39J)POWERBOX FULL RS
高いギアを維持しながらのツーリング走行も爽快です
YAMAHA YZF-R7(8BL-RM39J)POWERBOX FULL RS
そのフィーリングは面白い そして 気持ちイー!
YAMAHA YZF-R7(8BL-RM39J)POWERBOX FULL RS
雄大で大らかな走行フィーリングです
YAMAHA YZF-R7(8BL-RM39J)POWERBOX FULL RS
迫力の低音サウンドと共にどこまでも走り続けたくなる 愉快な走り
YAMAHA YZF-R7(8BL-RM39J)POWERBOX FULL RS
この走りはBOXによって引き出しました
YAMAHA YZF-R7(8BL-RM39J)POWERBOX FULL RS
快適にしかも速く走れるPOWERBOX FULL RS



YAMAHA YZF-R7(8BL-RM39J)POWERBOX FULL RS

適合車種
YZF-R7(8BL-RM39J)
製品
POWERBOX FULL RS
価格
¥172,000(税別) ¥189,200(税込)
JANコード
4571117959681
商品コード
MT7-PB-31
政府認証
1023021251
音量
90dB(近接) 79dB(加速)
素材
超軽量ステンレス ポリッシュ仕上げ
オイル系
ドレンボルト◯/フィルター◯

*2023年11月生産分よりYZF-R7が共通適合となります。
MADE IN JAPAN
*この製品は公道走行可能です(適合車種へ装着の場合に限ります)

開発奮闘記 YZF-R7 POWERBOX FULL 編

YZF-R7 POWERBOX FULL 編 序章


★MT-07の開発で知り尽くしたこのエンジン★

キタキタキタ!
お待ちかねのYZF-R7が我が社にやってキタ!
っていうか、浅草のスタッフの小山内店長、翔ちゃん、
営業の小川くんまで、我慢ができなくなって、勝手にテストランしちゃってんの。

MT-07の開発で知り尽くしたこのエンジン、開発が楽しみだぁ。

SP忠男開発チーム
 

YZF-R7 POWERBOX FULL 編 其の壱




★もう少し高速型に、もう少しパワフルにしたいかな★

スタンダードは、さすがYAMAHA。完璧なバランス
とはいえ、MT-07と同じエンジン、同じ特性、
その軽快な走りのせいで、別もんかなって思うけど、やっぱり基本は一緒。
もう少し高速型に、もう少しパワフルにしたいかな。

しかし、驚いたね 極限までシェイプしたカウルのおかげで、
カウルと車体の間に余分にマフラーを仕込むスペースが全くない。
このレーシーなルックスに似合った、
ちょっと気持ちイー!パワーを引き出したいと思っているんだけど・・・。
ハードルたかっ!

SP忠男開発チーム

YZF-R7 POWERBOX FULL 編 其の弐



★もっと自由度の高い形状にしなければならないんだ★

少し低速域が犠牲になっても、
中高速域のパワーと回転の伸びを引き出したい。
毎日毎日乗って、馴染んでくればくるほど、贅沢にこの思いが強くなってくる。
スタンダードは完璧なバランスだ。これで十分に満足はできる。でも・・・

そんな思いで、たたき台を作ってみたが、
MT-07のマフラーは全く互換性がない。
純正同士は同じものを使っているのだけれど、
うちのPOWERBOXFULLマフラーは、
タイトに絞り込まれたカウルングの中には全く収まらない。
性能を引き出そうと思ったら、
もっと自由度の高い形状にしなければならないんだ。
今度のは、かなりオリジナルな形状になりそうだ。

SP忠男開発チーム

YZF-R7 POWERBOX FULL 編 其の参


★高速域のパワーは、思う存分引き出せそうだ★

レイアウトは、うまくいった。
おかげで、一発目のたたき台から、
かなり、いいパワーラインを引き出すことが、出来ている。
これなら、高速域のパワーは、思う存分引き出せそうだ。
これは楽しみだ。


SP忠男開発チーム

YZF-R7 POWERBOX FULL 編 其の四



★超人気のXSR700用のマフラーを無理やり付けてみた★

なかなか高速域に思っとような変化が引き出せなくて、
開発が頓挫していたYZF-R7だったが、
中速域で、モリモリトルクの出る、
超人気のXSR700用のマフラーを無理やり付けてみた。
太いメインパイプのおかげで、
アンダーカウルが全くつかなかったけど・・・
あまり、期待はしていないけど、実際の走りはどうなんだろう。

SP忠男開発チーム

YZF-R7 POWERBOX FULL 編 其の伍


★中速域のトルクを盛り上げるこの性能にバッチリはまっている★

へ〜 ありだね。
レプリカ系のルックスから勝手に高回転高速型のイメージをしてしまい、
なかなか思うように伸びない高回転に、
開発がなってしまい頓挫していたけど、
中速域のトルクを盛り上げるこの性能にバッチリはまっている。
日本のワインディングによくある、
中速を多用する峠道では、最高に『気持ちイー!』
これいいね。

このマフラーなんとかスタンダードのまま、
カウリングに潜り込ませて、セットアップできないかな?
かなり、エンジンとカウルの間のクリアランスが少ないけど・・・。

SP忠男開発チーム

YZF-R7 POWERBOX FULL 編 其の六


★YZF-R7のオーナーのあなたには是非一度体感してほしいな★

なかなかアンダーカウルとのクリアランスを確保するのに
打開策が見えずに長い間お蔵入りしていたYZF-R7用のマフラーだけど、
ひょんなことから基本的な設定を変えずに、
少し集合部の角度を変えるだけで、
アンダーカウルとのクリアランスを開けることが出来るようになった。
ラッキーだね。

この小さな変更を加えることで、2023年11月生産分から
XSR700,MT-07,そしてYZF-R7が適用となった。
また、このマフラーを装着したYZF-R7各地の
快感体感試乗会ライドオンキャンペーンに持ち込むから
YZF-R7のオーナーのあなたには是非一度体感してほしいな。

ライドオンキャンペーンの詳細はこちらから

SP忠男開発チーム



   


お問合わせはお気軽にどうぞ 03-3845-2010
お問合わせはお気軽にどうぞ 03-3845-2010

 

※ この製品は公道走行可能です。(適用車種への装着の場合に限ります。)
※ ご注文のタイミングによりバックオーダーとなる場合がございますので予めご了承下さい。
※ お急ぎのお客様は事前にお電話にて在庫状況をご確認頂ければより確実です。

購入はこちらから!
 

YZF-R7(8BL-RM39J)POWERBOX FULL RS


拡大画像

YZF-R7(8BL-RM39J)POWERBOX FULL RS
商品コード : MT7-PB-31

1万円以上お買い上げの場合送料無料!
販売価格【ウェブ価格】 :¥ (税込)
数量

商品についての問い合わせ



レビューお待ちしています!

SP忠男ではライダーの方へ『気持ちィー!』を届けるため、日々開発とテストを繰り返しています。
今後の開発・改善へ向けて、このマフラーに変えられた感想、使い心地を是非教えてください!

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く

レビュー件数:1

評価

2024/01/28

気持ちィー!さん

以前から開発ブログはチェックしていたので、ラインナップ更改前に、情報を得て購入していました。
ここでは、実際に数週間利用してみて感じた走りの変化についての感想を手短に書きます。

一言でいえば「このYZF-R7(RM39J)という商品の動力性能の完成形」といった印象でしょうか。
何年も前に、最初期型のMT-07に乗っていたことがあるのですが、その時思ったのは、中低速はタタタタッとトルクに乗せて景気よく加速するのですが、トップエンドで頭打ち感が強いこと。
対して、R7は二次減速比が変更されていて、カタログなどには、車両イメージに合わせて伸び感を出しました。とありますが、
ハッキリ言って、排気量を疑うぐらいに中低速のトルク感がありません。
自分にしてみれば、どちらにしても不満が残る感じで納得がいかない感じでした。
このマフラーに交換して数週間走りましたが、その不満点が一発で解消してしまったので大満足です。
R7の伸び感をそのまま残しつつ、そこにMT-07の中低速のダッシュの力強さを加えることが出来ました。
確かに、突き抜けるような高回転のパワー感がどうとか、そういう尖った点はありません。
ですが、このトルク感と伸び感のバランスがこの07系のエンジンの気持ちよさを一番引き出しているように思います。
その辺がR7という商品の動力性能を完成形にすると書いた理由です。
なお、比較対象のMT-07は初期型(排気系などが現行と違い、実際にパワーも少し違う)で、乗っているR7もECUの書き換えで、少しは中低域が改善している状態ですので、そのあたりを加味して参考にしてください。

1件〜1件 (全 1件)


 
その他のラインナップはこちら